文野巡の名付け親・桜井秀勲先生は三島由紀夫や川端康成と仕事をしてきたすごい人だった!

文野巡の名付け親・桜井秀勲先生は三島由紀夫や川端康成と仕事をしてきたすごい人だった!

  NHK クローズアップ現代+『三島由紀夫×川端康成 ノーベル賞の光と影』     櫻井秀勲先生は三島由紀夫も川端康成も仕事仲間だった! 私のペンネーム『文野巡』の名付け親である櫻井秀勲先生が出演されていたこともあり、拝見しました。     三島由紀夫が川端康成にノーベル賞...

NO IMAGE

映画評『トロン:レガシー』

  トロン:レガシー 監督 : ジョセフ・コジンスキー 評価★★★☆☆(3点)   コンピューターの世界に迷い込んだ主人公サムが、現実の世界への脱出を試みる物語。     コンピューターの世界に迷い込んだ人間のお話、そして…… 人間がコンピューターの世界に入れるということは、コ...

書評『少ない言葉+ていねい+正しそうでOK! 伝わるスイッチ』深沢真太郎

書評『少ない言葉+ていねい+正しそうでOK! 伝わるスイッチ』深沢真太郎

  少ない言葉+ていねい+正しそうでOK! 伝わるスイッチ 著者 : 深沢真太郎 評価★★★★★(5点)     ビジネス数学の専門家、深沢真太郎さんによる『伝え方』の極意を『伝える』1冊。     伝えるときに意識をすること   『伝える』ときに意識をする3つのこと。   ...

書評『会社では教えてもらえない ムダゼロ・ミスゼロの人の伝え方のキホン』山口拓朗

書評『会社では教えてもらえない ムダゼロ・ミスゼロの人の伝え方のキホン』山口拓朗

  会社では教えてもらえない ムダゼロ・ミスゼロの人の伝え方のキホン 著者 : 山口拓朗 評価★★★★★(5点)   文章の専門家やまたくさんこと山口拓朗さんの最新刊は『伝え方』を教えてくれる一冊です。       伝え方で人生は変わる   やまたくさんがいつも言っていること...

天狼院書店小説家養成ゼミ 初めてのプロット講評

天狼院書店小説家養成ゼミ 初めてのプロット講評

  2019年1月28日(月)、佐藤青南さんのゲスト回で勉強した翌日。   初めてのプロット講評が返ってきました。     エンジニアのジレンマ   小説家養成ゼミに入って、私が初めて提出した小説プロットのテーマは”VR”。   実は過去プロの小説家でもあまり題材にしてこなかっ...