シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天狼院書店小説家養成ゼミ4月のゲスト回はショートショートの雄、田村雅智さんの作品作りを楽しむ回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

天狼院書店小説家養成ゼミ4月のゲスト回はショートショートの雄、田村雅智さんの作品作りを楽しむ回6月第4日曜日は天狼院書店小説家養成ゼミのゲスト回。

ショートショート大賞を立ち上げた田丸雅智さんの『その場でショートショート作品を作ってみよう!』という催しで、スッゴク楽しんで一作作り上げてきましたよ。

Amazonで田丸 雅智, のマタタビ町は猫びより。アマゾンならポイント還元本が多数。田丸 雅智, 作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またマタタビ町は猫びよりもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ショートショートの雄、田村雅智さんのショートショート制作講座

1.思いつく名詞を挙げる。

2.挙げた名詞の中から1つをチョイス。

その名詞から思いつく言葉を書く。
例えば、『太陽』から『発電に使える』とか
『ぽかぽかする』『夕焼け』なんて言葉を
思いつく限り書いていきます。

3.2.で書いた言葉と1.で挙げた名詞を組み合わせる。
例えば、『発電に使えるタコ』みたいな感じで。

4.最後に不思議な言葉から想像を広げていきます。

田村雅智さんのショートショート制作講座で文野巡が作成した作品の一部

文野が講座中に創った作品を公開!

そうやってできた私の作品がこんな感じ。

タイトル『身体のかたい犬』

「オレ、最近犬飼い始めたんだよね。そいつが気絶しちゃうくらいかわいくて。いまから家に来いよ。見せてやるから」

友人の信吾が興奮気味に電話の向こうから話してくる。

「マロンて名前なんだけど、それがさあ、身体がかたくてかわいいんだよね。あらあ、マロンちゃん、かわいいでしゅね~」

信吾のしゃべり方が赤ちゃん言葉に変わる。その後はもうこちらにお構いなしにじゃれあっているような雰囲気が伝わってきた。

身体がかたいって。オレも前屈するとマイナス十センチとかって固いけど、犬の世界にもそんなのがいるんだな。後ろ足で頭かけないのかな?

電話の向こうではじゃれあうのに夢中なのか、話しかけても反応がない。

まあ、家に来いよって言ってるし、自分も暇だから行ってみるか。オレは出かける支度をした。

信吾の家に着いて呼び鈴を押す。反応がない。

どうせいるときはいつも開けっ放しだからと思い、ドアノブに手をやる。案の定開いた。

ドアの向こうから寝っ転がった信吾が見える。オレに気づいてないのか? どんだけ犬に夢中なんだ。

家に入ろうとすると人懐っこそうな子犬が近づいてきた。かわいい。しっぽをブンブン振っている。

その子犬がオレの方に飛び込んできた。固かった。オレは意識を失った。

田村雅智さんの著書マタタビ町は猫びより背表紙

あなたもいますぐショートショートを作って楽しもう!

制限時間内での製作だったので、推考とかできておらず、ちと読みづらいかもしれませんが、田丸さんに教えられた通りに進めてわずか数十分でこの作品を完成させました。

いかがでしたでしょうか?

このショートショート作成の技法、なんと来年からは小学校四年生の教科書に載るらしく今後は学校で子どもたちが学ぶことになるそうですよ!

ショートショートの雄田村雅智さんのサイン

気になった方は以下のリンクから田丸雅智さんの公式サイトをぜひご覧になってくださいね。

田丸雅智の「超ショートショート講座」の内容がWEBになりました!

自分でやってみるとスッゴい楽しいですよ~

Amazonで田丸雅智のたった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座。アマゾンならポイント還元本が多数。田丸雅智作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またたった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

#東京天狼院 #天狼院書店 #小説家養成ゼミ #田丸雅智 #マタタビ町は猫びより #ショートショート #小説 #ゲスト #文野巡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする