シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書評『文章が劇的にウマくなる「接続詞」』山口拓朗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

書評『文章が劇的にウマくなる「接続詞」』山口拓朗

文章が劇的にウマくなる「接続詞」

著者 : 山口拓朗

評価★★★★★(5点)

接続詞

普段どれくらい意識して使っていますか?

「そして」だとか「しかも」だとかいう言葉を考えなしに連発したりしていませんか?

Amazonで山口 拓朗の文章が劇的にウマくなる「接続詞」 (アスカビジネス)。アマゾンならポイント還元本が多数。山口 拓朗作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また文章が劇的にウマくなる「接続詞」 (アスカビジネス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

たかが『接続詞』、されど『接続詞』

接続詞は読む人に文章の行く先をさりげなく教えてあげることのできる、いわば『ウインカー』の役目を果たしてくれます。

しかし、乱用するとくどくて読みにくい文章になってしまいます。

そんな接続詞について一つひとつ懇切丁寧に教えてくれちゃうのがこの一冊

『文章が劇的にウマくなる「接続詞」』

です。

書いたのは『伝える力【話す・書く】研究所所長』のやまたくさんこと山口拓朗さん。

いつもわかりやすい、実践しやすい文章指南本を執筆しているやまたくさんなので、今回の本ももちろん『超』がつくほどのおすすめ本。

自分の文章ってなんかわかりにくいかも? とか、ちょっとくどいかも? とか伝わってないかも? とか感じたらこの本を手に取ることをおすすめします。

Amazonで山口 拓朗の文章が劇的にウマくなる「接続詞」 (アスカビジネス)。アマゾンならポイント還元本が多数。山口 拓朗作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また文章が劇的にウマくなる「接続詞」 (アスカビジネス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

#書評 #本 #読書 #接続詞 #文章が劇的にウマくなる接続詞 #山口拓朗 #やまたく #文章 #実用書 #文野巡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする