シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画評『オートマタ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

映画評『オートマタ』

オートマタ

監督 : ガベ・イバニェス

評価★★☆☆☆(2点)

自分がいま近未来SF作品ものを書いていること、Amazonでも評価がまあまあ高かったことから、勉強のためにと観てみました。

人間と、彼らを守る二つのルールが組み込まれた人工知能(A.I.)搭載のオートマタが共存する社会。オートマタは砂漠化を防ぐための巨大防御壁の建設や、機械式の雲を作るため、人間に代わる労働力として、必要不可欠となっていた。そんな中、この絶対破ってはいけないルールが破られた。オートマタが改造されたのだ。混沌とした世の中で、ロ...

作者の都合で展開する残念なストーリー

率直な感想は、がっかり。

中心テーマはAI。

主人公と敵対する会社の目的が最後まで不明確だったり、AIロボットが突然4本足のロボットを作ったものの、その存在意義が不明確だったり、ロボットに対するルールが存在するものの、努力目標的な感じで、簡単に破ることのできる意味不明のルールだったりと、観てる人のもやもや感が観終わった後も増幅していくような残念な作品でした。

私がいま通っている小説家養成ゼミで、作者の思い通りになるような展開はおもしろくない、ということを言われたのですが、最初から最後までそれをやり続けてしまった映画。

悪い意味で参考になった映画でした。

人間と、彼らを守る二つのルールが組み込まれた人工知能(A.I.)搭載のオートマタが共存する社会。オートマタは砂漠化を防ぐための巨大防御壁の建設や、機械式の雲を作るため、人間に代わる労働力として、必要不可欠となっていた。そんな中、この絶対破ってはいけないルールが破られた。オートマタが改造されたのだ。混沌とした世の中で、ロ...

#映画 #映画評 #オートマタ #アントニオバンデラス #AI #ロボット #SF #近未来 #文野巡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする