シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書評『楽園のカンヴァス』原田マハ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

書評『楽園のカンヴァス』原田マハ

楽園のカンヴァス

著者 : 原田マハ

評価★★★★★(5点)

芸術のことは疎くても楽しめる作品。

[amazonjs asin=”4101259615″ locale=”JP” title=”楽園のカンヴァス (新潮文庫)”]

アンリ・ルソーの作品を巡る良質なミステリー

この本の表紙にもなっているアンリ・ルソーの絵。

たしかに『子供がいたずら描きしたんじゃないか』と言われても仕方ないと思われる人物描写。

鬱蒼と茂った草木の中にソファが置かれ、そこに横たわる裸の女性。

近くにはなんだかよくわからない獣が顔を覗かせている。

しかし、そんなルソーに心酔していた世界中に名前が知れ渡った画家がいた。

その人物がルソーの作品の真贋を見分けるための鍵になる。

アートが題材なのに、良質のミステリー。

原田マハさんの作品、この他のものも読みたくなりました。

[amazonjs asin=”4101259615″ locale=”JP” title=”楽園のカンヴァス (新潮文庫)”]

#書評 #本 #読書 #小説 #楽園のカンヴァス #原田マハ #アンリルソー #ルソー #ピカソ #芸術 #アート#真贋 #ミステリー #文野巡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする