シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画評『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
映画評『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

監督 : フィリダ・ロイド

評価★★★☆☆(3点)

 

 

鉄の女 マーガレット・サッチャー

 

『鉄の女』の愛称で知られる元イギリス首相、マーガレット・サッチャー。

 

一般の議員でさえまだ女性がほとんどいない時代。

 

サッチャーは家庭に収まらず、一人男社会の中心で気をはいていた。

 

鉄の女の晩年は認知症を患っていた

 

晩年は認知症を患い、夫が死んだことさえ理解していなかったというサッチャー。

 

富める者も、貧乏人も同額の税金を納めるという人頭税を提案したり、フォークランド紛争では多くの犠牲者を出したりと、決してすべてがほめられた製作ばかりではなかった彼女。

 

それでも人々の記憶に残るのは、女性の地位を一気に上げた、その功績があったからでしょう。

 

サッチャーがどんな人生を歩んできたのか、ブレグジットで揺れに揺れている国の歴史を、今だからこそこの映画で学んでみてはいかがでしょうか?

 

#映画評 #映画 #マーガレット #サッチャー #鉄の女の涙 #鉄の女 #イギリス #首相 #メリルストリープ #ドキュメンタリー #文野巡

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする