シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天狼院書店小説家養成ゼミ 初めてのプロット講評

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
天狼院書店小説家養成ゼミ 初めてのプロット講評

 

2019年1月28日(月)、佐藤青南さんのゲスト回で勉強した翌日。

 

初めてのプロット講評が返ってきました。

 

東京天狼院立札 小説家養成ゼミ

 

エンジニアのジレンマ

 

小説家養成ゼミに入って、私が初めて提出した小説プロットのテーマは”VR”。

 

実は過去プロの小説家でもあまり題材にしてこなかったジャンル。

 

その点は評価してもらえたのですが……

 

全体的にこちらの意図が伝わっていなかった、というのが講評から伝わってきました(伝わらなかったことが伝わってきた……)。

 

普段、エンジニアの間では当たり前のことでも、他の人からしたら当たり前ではない。

 

読んでもらう相手が誰なのか?

 

『相手想い』をもう一度心に刻んで2月のプロット提出に向けて修正をしていきたいと思います。

 

こんな感じで、天狼院書店の小説家養成ゼミではフィードバックが得られるってのはいいですね。

 

精進します!

 

#天狼院書店 #東京天狼院 小説家養成ゼミ #小説 #プロット #VR #ヴァーチャルリアリティ #バーチャルリアリティ #SF #ミステリー #文野巡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする