シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マラソン~誰でも完走できる!- ホノルルマラソン日記 決起編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

マラソン~誰でも完走できる!- ホノルルマラソン日記 決起編こんにちは、じゅんです。

小さい頃から運動が苦手だった私は、体育の成績も小学生低学年の時は『もっと頑張りましょう』、高学年になって5段階評価になると『1』でした。

中学生になって保健体育という座学が入ることによって『2』に上昇しましたが、高校の時も『2』より上の成績になることなく、いわゆる『運動音痴』のレッテルを貼られるような存在でした。

大学の時は剣道をやっていたのですが、体も細く、周りのガタイの良い人たちに比べても明らかに体力は劣っており、どれだけ頑張っても選手に選ばれるなんていうのは夢のまた夢でした。

そんな私が社会人になって、会社の仲間とホノルルマラソンを完走するまでを日記風にまとめましたので、ご興味ありましたらご一読ください。

皆さんがトレーニングスケジュールを立てる際の一助となれば幸いです。

では、運動の苦手な私がホノルルマラソン出場を決めてから完走するまでの日記の始まり始まり~!

ホノルルマラソン日記 決起編 社会人1年目 5月30日(金)

キンキンに冷えたビールで乾杯をする

『かんぱ~い!』

入社から2ヵ月経った週末金曜日。

2週間の集団研修、1ヵ月半の工場実習が終わり、同期全員集合しての研修報告会があった。

報告会を適当に済ませた面々は、週末ということもあり、仲の良いグループに分かれて夜の街に繰り出した。

『社会人になったんだし、遊びもいろいろ新しいことにチャレンジしたいよね』

少しほろ酔いの同期Aが口火を切る。

Aの意見に、そこにいた6人全員が首を縦に振った。

『スノボやってみたいよね』

Yが自分のやりたかったことを口にする。

『よおし、スノボ部結成! かんぱ~い』

既に酔っ払い集団と化している6人の若者がそんなことを叫びながら、ビールグラスをカチャカチャと合わせた。

続いてIが

『キャンプもしてみたいよね』

というと、

『キャンプ部結成! かんぱ~い』

となり、その後も次々と

『パラグライダーやりたいね』

『パラグライダー部結成! かんぱ~い』

『合コンもしたい』

『合コン部結成! かんぱ~い』

と延々と続いた。

そんな感じで、皆がやりたいと思ったことを言い合いっこしては

『~部結成!』

と〇〇の一つ覚えのように続く最中、Aが

『ホノルル走ってみたいよね』

とひと言発した。

『マラソン部結成! かんぱ~い』

この時点で既にかなり酔っ払っていた我々。

まさかこの後、本当に走ることになるとはほとんどのメンバーが考えていなかった。

こうして、新入社員によるマラソン部が結成されたのだった。

ホノルルマラソン日記 決起編 社会人1年目 8月某日

自然の中でテントを張りキャンプをする

酔っ払い集団による数多くの部活結成から3ヶ月、有志4名によってその第1弾『キャンプ部』が活動に入った。

小雨もぱらつき、キャンプにはいまいちな天候、メンバーも男だけと、いまいち盛り上がりに欠ける。

とは言え、酔っ払い部活動の本格的活動としての輝かしい第一歩を踏み出した。

ホノルルマラソン日記 決起編 社会人1年目 12月某日

雪山でスキースノボをする人々

『スノボ部』始動。

この『スノボ部』は、酔っ払い集団のすべての部活の中で、最も精力が注がれた部活だった。

経験者0、皆見よう見まねの下手っぴ集団だった。

果たして、最終的に誰か上手くなった人はいたのだろうか・・・?

ホノルルマラソン日記 決起編 社会人2年目 6月某日

ホノルルマラソンのゴールゲートを万歳の姿でゴールをするランナーたち

スノボ部と合コン部以外は1回で終了したものの、ここまでに数々の部活動がちゃんと活動をし、残すところ『パラグライダー部』と『マラソン部』のみとなった。

しかし、酔っ払いの勢いで結成したマラソン部、本気で走りたい、なんて思っていたのは、実は言いだしっぺのAと元々陸上で長距離を走っていたOだけだった。

運動は小さい頃から何をやっても苦手、スノボも一緒に始めたメンバーに比べて既に遅れ気味だった私にとって、本当に実現できるのか疑わしい。

他の誰も動き出さないので、取り敢えず自分が動き出すしかなかった。

ホノルルマラソン開催日を調べ、ツアーが無いか探しにかかる。

『この値段で、この期間なら、なんとか有休使って行けるんじゃない・・・?』

ある程度割安で参加しやすそうなツアーがあったので、メールでメンバーに声をかけてみる。

結局反応があったのは元々興味がありそうな2人だけ。

いきなり前途多難なスタートではあったけど、こうして酔っ払いマラソン部は活動を開始したのだった。

続きはこちら

『マラソン~誰でも完走できる!』のその他の記事はこちらから参照ください

マラソン~誰でも完走できる!まとめ
こんにちは、じゅんです。 『マラソン~誰でも完走できる!』の記事のリンク集です。 マラソン初心者の方は、ぜひ活用してくださいね。 マラソンを走る時のアドバイス編 ...