シェアする

会話が盛り上がる人になって、人気者になる為の心理術!書評『雑談の心理術』

シェアする

会話が盛り上がる人になって、人気者になる為の心理術!書評『雑談の心理術』

amazon評価(2016/5/6現在)    :
分かりやすさ                         :
実践しやすさ                         :
役に立った度                         :

こんにちは、じゅんです。

あなたは、普段から

『自分の会話って盛り上がらないよな~』

なんて思ってませんか?

そんな風にちょっとでも思ったなら、ぜひこの心理学に基づいた本書を手に取って読んでみてください。

松橋良紀著雑談の心理術

この本はこんな方にお勧め

・自分の話はいまいち盛り上がらない、とお悩みの方

・仕事や学校でコミュニケーションを取る必要がある方

・日本語を理解できる方

『雑談の心理術』目次

この本の目次を紹介します。

第1章 「つまらない」と思われない話し方の基本

第2章 相手の懐に入り込む心理術

第3章 誰からでも本音を引き出す心理術

第4章 苦手タイプがいなくなる分析心理術

第5章 人の目が気にならなくなる心理術

第2章~第5章で、共通する単語『心理術』。

そう、この本は『心理術』をベースにした本なのです。

冒頭のゆる~いマンガで心を掴む

この本、まず冒頭にゆる~いマンガが付いてます。

その内容は、「なんで私はつまらない話しかできないんだろう。」と悩む女の子の日常風景。

このマンガを読んでると、

「あ、これ自分のことだ!」

って、思う人いるんじゃないでしょうか?

私は思いました(^^;

そしたら一気に最後までこの本読みたくなっちゃいますよね?

そんな風に思ったあなた、あなたはもうこの本の心理テクニックに引っ掛かってるんです。

この本はそんなあなたに向けて書かれた、心理術を駆使した雑談力スキルアップ本なのです。

著者は『日本聴き方協会』代表理事の松橋良紀さん

この『雑談の心理術』の著者は『日本聴き方協会』代表理事の松橋良紀さん。

「え?『話し方』を教えるのに、『聴き方』のプロなの?大丈夫かい?」

なんて思いませんでしたか?

しかし、そんな心配はご無用です。

なんたって、『話し』を盛り上げるのに、一番大切なことは、『聴くこと』なんですから

「話を盛り上げるのに『聴くこと』が大切?」

頭の上に”?”マークが飛び交ってますね?

でもこれは『雑談』を成功させるための、最も大切な考え方なんです。

著者の松橋さんは本の中でこう書いています。

悩みを吐き出してもらうには、信頼関係が必要です。

その信頼関係ができていないうちに、あれこれ質問してしまうと、心を閉ざして、本音を話してくれなくなるからです。

相手の話したいように話させるうちに、信頼関係が築かれて、ようやく本音が出てくるものなのです。

そう、相手の話を『聴く』という行為は、相手に自分を信頼してもらうという行為に他ならないのです。

話を盛り上げるためには、相手を知ること

『聴くこと』は何も相手に自分を信頼してもらう為だけにする訳ではありません。

話を盛り上げる為には、『相手を知ること』が大事なのです。

相手がサッカーに興味ないのに、サッカーの話をしても、とても乗ってくるとは思えませんよね?

これをこの本ではじゃんけんに例えて、分かりやすく説明してくれています。

ジャンケンで必ず勝つ方法がありますが、何だと思います?

はい、後出しすればいいのです。

(中略)

苦手な人ほど、先にしゃべって自己アピールしようとする。

営業で売れない人ほど、先にしゃべりまくる。

恋愛でうまくいかない人ほど、先にベラベラ話す。

みんな、先出しジャンケンで玉砕しているのです。

コミュニケーションの極意は、後出しジャンケンです。

常に後に出すことを意識すれば、自然に相手のことも理解できて、相手に合った話をできるようになります。

話を盛り上げる為には、最初に相手が話したいように話させて、それに乗っかる。

これが王道なのです。

NLPの極意がこの1冊に

著者の松橋良紀さんは『米国NLP協会認定NLPトレーナー』でもあります。

『NLP』とは、『神経言語プログラミング』のことです。

といわれても、何のこっちゃと思われるかもしれませんね。

これは別名『脳の取り扱い説明書』とも呼ばれる、最先端の心理学のことです。

最強のコミュニケーションの手法として、世界的に認められているスキルなのです。

この『雑談の心理術』は、そんなNLPをベースにしたコミュニケーションスキルを惜しみなく公開した本なのです。

松橋良紀さんのNLPセミナーを受講した人は

「¥1,300の本で、ここまで書いちゃって良いの?」

と思ってしまうくらいの内容らしいです。

それだけこの本は読んで、実践する価値がある、と言えるでしょう。

仕事や勉強で、何かしらコミュニケーションを取る必要がある人には必須と言えるこのスキル。

日本語を話す人なら、絶対に読んでおきたい1冊です。