シェアする

恋愛小説としてもおすすめの辞書編纂を通した珠玉の1冊『舟を編む』書評

シェアする

恋愛小説としてもおすすめの辞書編纂を通した珠玉の1冊『舟を編む』書評こんにちは、じゅんです。

『舟を編む』

タイトルだけだと、???・・・、となるのではないでしょうか?

広大な海原に漕ぎ出す『舟』を編むように、『日本語』という広大な『言葉の海』に漕ぎ出す『辞書』を編む、そこに命を懸けた人たちの物語なのです。

2012年の本屋大賞受賞作品

この本は2012年の本屋大賞第1位を獲得した作品。

過去には百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』や冲方丁さんの『天地明察』などが話題になった賞です。

受賞作のうち何冊かは私も読んだのですが、飛び抜けてお気に入りなのが、今回紹介する三浦しをんさんの『舟を編む』です。

辞書作りに情熱を傾けた人々の作品

『辞書』という1つの作品に何十年という歳月をかける人たちがいる。

この物語は『大渡海』という辞書作りの一大プロジェクトに携わる主人公の『馬締光也(まじめみつや)』を始め、入社以来辞書一筋のベテラン編集者の『荒木公平』、女性ファッション誌の編集部から転属してきた『岸辺みどり』と言った一癖も二癖もある人たちが日夜繰り広げる言葉との闘いは微笑ましくもあり、恐ろしくもあります。

とにかく来る日も来る日も『言葉』のことだけを考える、そんな編集者たちの熱い思いがいっぱい詰まった本、それが『辞書』なのです。

一つの言葉にかける情熱

『辞書』には膨大な量の『言葉』が詰まっています。

例えば『右』という我々にとっては『当たり前』のように知っている言葉、意味なんて問わなくても誰にでも通じると思っている言葉でさえ『辞書』には掲載されています。

右 ・・・ 西を向いたとき、北にあたる方

単純です。

すごく単純なのですが、この表現に至るまでに、たくさんのいくつもの表現がボツになっているのです。

『ペンや箸を使う手のほう』と言うと、左利きのひとを無視することになりますし、『心臓のないほう』と言っても、心臓が右がわにあるひともいるそうですからね。『体を北に向けたとき、東にあたるほう』とでも説明するのが、無難ではないでしょうか

我々が普段何気なく引く辞書、一つ一つの言葉がこんなに考え尽され、作られているのです。

最近は検索するだけで調べられるので、昔よりも『辞書』のありがたみが薄れているような気がします。

しかし、この本を読むと、言葉の意味を簡単に調べられることに感謝の念が沸いてきます。

装丁も文体も物語もすべてが美しい珠玉の一冊

先ほどは『来る日も来る日も『言葉』のことだけを考える』と書きましたが、実は『辞書』作りはそれだけで終わりません。

実物の『辞書』と一般の本を比べて頂ければ分かりますが、『辞書』の紙はとっても薄いです。

これは『辞書』というものが一般の本に比べてページ数が多いために薄くなっているのです。

何千ページに渡る『辞書』も200~300ページの文庫本も、同じ『1冊の本』です。

しかし、一般の本の10倍、20倍のページ数がある『辞書』でも、その厚さは10倍も20倍もありません。

なぜか?

それは1枚1枚の紙が薄いからできる業なのです。

この本も(単行本に限りますが)そんな辞書の装丁をリスペクトしてなのか、非常に美しい装丁になっています。

もちろん装丁だけではなく、文体も物語もすべてが美しい仕上がりになっています。

主人公『馬締光也』とヒロイン『林香具矢(はやしかぐや)』の恋の行方も、読んでいて心がほっこりしてきます。

日本人なら読んでほしい、そんな珠玉の1冊です。