シェアする

書評『史上最強の人生戦略マニュアル』 勝間和代さんが影響を受け自ら翻訳した自己啓発の名著

シェアする

書評『史上最強の人生戦略マニュアル』 勝間和代さんが影響を受け自ら翻訳した自己啓発の名著こんにちは、じゅんです。

戦略ゲーム将棋

今回は『翻訳』が、

あの『勝間和代』さんという自己啓発書

『史上最強の人生戦略マニュアル』

を紹介します。

あの勝間和代が影響を受けた自己啓発書

この本の著者『フィリップ・マグロー』は

『戦略的人生設計』を20年以上に渡って

研究してきたまさに『人生設計のプロ』。

そんな『フィリップ・マグロー』の書いた著書

『人生戦略マニュアル』に惚れ込み、

自ら翻訳を買って出たのが、経済評論家の『勝間和代』さん。

自ら翻訳をして、日本国民みんなに実践してほしい

それだけ感銘を受けたのだそうです。

勝間さんはこの本によって

現実に立ち向かうことができ、それから数年間かけて、

自分の人生のコントロール権を取り戻すことができた

と述べています。

この本で述べられていることは、徹底的な『現実主義者』になること。

そのことは目次を見てもらえば一目瞭然です。

第一章 問題がひとりでに解決することは、絶対にない

第二章 本当に生きるということ

第三章 自分の選択と態度に焦点をあてる

第四章 『見返り』が行動を支配している

第五章 問題は、あなたが認めるまで悪化していく

第六章 違うことを『する』

第七章 過去の出来事を言い訳にしない

第八章 今すぐに人生計画を立てる

第九章 見返りを断つ

第十章 憎しみはあなたの心を変えてしまう

第十一章 あなたのゴールラインはどこか?

第十二章 ガイドつき人生の旅

第十三章 目標設定の七つのステップ

第十四章 自分の公式を見つけよう

最初から最後まで一貫しているのは

物事を全て『自分事』として捉えること。

『スティーブン・R・コヴィー』の『7つの習慣』は

あまりにも有名な本ですが、

根底で言っていることは同じです。

『史上最強の人生戦略マニュアル』の方が

具体的にどうすれば自分のゴールを設定できるか

書かれているので、『7つの習慣』に挫折した方は

こちらを一度読んでみて、自分の目標を立ててみると良いかもしれません。

全ては自己責任、コントロールすべき相手は自分自身

この本には要所要所に『課題』が設定されています。

一つ一つそれらの課題に取り組んでいくことで、

自分の最終ゴールが見えてくるでしょう。

人のせいにせず、全ては自分の為に。

この本を読んで、『人生における成功』とは何なのか

ぜひ考えてみて下さい。

私ももう一度見つめ直そうと思います。