シェアする

書評『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』 気軽に読めるおすすめの自己啓発書

シェアする

書評『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』 気軽に読めるおすすめの自己啓発書こんにちは、じゅんです。

ガネーシャ像

今回紹介する本は

水野敬也さんの大ヒットシリーズ第3弾

『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』

です。

肩肘張らずに読めるお気楽自己啓発書

『自己啓発書』、というと

なんだか肩肘張ってて、まじめな雰囲気がして

どうも気軽に読む、というものではないですよね?

しかし、そんな『自己啓発書』という領域に

『笑い』の要素をふんだんに盛り込んで、

誰にでも気軽に読める書籍が2007年に誕生しました。

それが今回紹介する書籍シリーズの第1弾

『夢をかなえるゾウ』

です。

なんと言っても衝撃的だったのは

お土産品の置物から実体化した

ヒンドゥー教の神様『ガネーシャ』の存在。

何故か関西弁を使い、あんみつ大好き、

神様のくせに煙草をプカプカふかし、

おやじギャグを連発し、自分のギャグに酔いしれる

そしてメタボ…

友達の『釈迦』と繰り広げる『今生の別れコント』とか

衝撃的すぎます。

第2弾では、貧乏神の『金無幸子(かねなしさちこ)』や

死神までもが加わり、

更に第3弾では『お稲荷さん』が登場。

シリーズものはだんだんつまらなくなる、

というジンクスも覆し、ますます

パワーアップしてる感があります。

ガネーシャからの教えを実践することが大切

このシリーズの醍醐味は何と言っても

『自分を磨く為の要素が楽しいストーリーと共に身につく』

こと。

今回の教えはこんな感じです。

    • 自分の持ち物で本当に必要なものだけを残し、必要のないものは捨てる
    • 苦手な分野のプラス面を見つけて克服する
    • 目標を誰かに宣言する
    • うまくいっている人のやり方を調べる
    • 一度自分のやり方を捨て、うまくいっている人のやり方を徹底的に真似る
    • 空いた時間をすべて使う
    • 合わない人をホメる
    • 気まずいお願いごとを口に出す
    • 今までずっと避けてきたことをやってみる
    • 自分の仕事でお客さんとして感動できるところを見つける
    • 一度儲けを忘れてお客さんが喜ぶことだけを考える
    • 自分の考えを疑ってみる
    • 自分にとって勇気が必要なことを一つ実行する
    • 優れた人から直接教えてもらう
    • 自分で自由にできる仕事を作る
    • 目の前の苦しみを乗り越えたら手に入れられるものを、できるだけ多く紙に書き出す
    • 欲しいものが手に入っていく「ストーリー」を考えて、空想をふくらませていく
    • 手に入れたいものを「目に見える形」にして、いつでも見れる場所に置いておく
    • 自分流にアレンジする』

ガネーシャからの教えは今回も

身につまされることばかり。

『学ぶ』という言葉は

『まねる』 ⇒ 『まねぶ』 ⇒ 『まなぶ』

というように変化したという話は

聞いたことある方もいると思いますが

ここ最近私はこの

『成功者の真似をすること』

ってホント大事だよな~、

と言うことを実感してます。

ケニアで見たゾウ

これらの『教え』を知って、

ただ『ふんふん』と頷いているだけではダメです。

ちゃんと『実践』して、初めて自分のものとなります。

気軽に読める『自己啓発』本。

あなたも『アウトプットを意識しながら』、

読んでみて下さい。