シェアする

書評『書かずに文章がうまくなるトレーニング』 うまい文章を書くには事前準備・トレーニングが重要だ

シェアする

書評『書かずに文章がうまくなるトレーニング』 うまい文章を書くには事前準備・トレーニングが重要だこんにちは、じゅんです。

就寝中

久々に書評です。

今日から暫く私のお勧め図書を紹介していこうと思います。

『書かずに文章がうまくなるトレーニング』

最初に紹介するのは

『伝える力[話す・書く]研究所所長山口拓朗さん

の『書かずに文章がうまくなるトレーニング』です。

『文章がうまくなる』

これはどんな仕事をしている人にとっても

伸ばしたい能力の一つでしょう。

  • レポートを書く
  • メールを書く
  • 宣伝文章を書く
  • 商品の使い方を伝える
  • etc…

どんな仕事でも人間を相手にする以上、

何かしら相手に伝える必要が出てきます。

『文章力』というのは誰もが逃れらない

必須スキルなのです。

書く前に文章の質は決まる

『書かずに』文章がうまくなる、

何とも挑戦的なタイトルです。

タイトルは挑戦的なんですが

中身は至極真っ当なことが書かれています。

ここで言っている『書かずに』というのは

『書く前に』しっかりとした準備をする、

そうすることで『うまい』文章が書けるようになる

と言っている訳です。

何をするにしても『事前準備』というのは大切です。

サッカーの本田選手が好んでよく使っていて

一時期流行った『良い準備』をすることで

『良い結果』に繋げる。

逆にこの『事前準備』を好い加減に済ませてしまうと

『良い結果』にするのは困難となります。

文章においても『事前準備』を怠ると

つまらない、中身のない文章になってしまいます。

全ての時間が『事前準備』

サッカーにおける『良い準備』とは

本番を想定した『勝つ為の』トレーニングを

すること。

では『うまい』文章を書く為の『良い準備』

とは一体何でしょうか?

それは普段の生活の中で

『如何にアウトプットするか』を

考え続けることです。

その為にこの本では、

様々な『トレーニング』を

用意してくれています。

読み手本位の文章を書けるようになる為の『贈り物トレーニング

アウトプットを意識して記憶を上手に使えるようにする為の『話す・書くトレーニング

自分への質問をすることで質の高い文章を書く為の『自問自答トレーニング

他にもたくさんのトレーニング方法が書かれています。

自分の苦手なところを克服するも良し、

得意なところを伸ばすでも良し、

この本に書かれたトレーニングを

普段の生活の中で意識することで

執筆本番で『最高の文章』が書けるように

精進しましょう。

もちろん、私も頑張ります。