シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペルーのマチュピチュに行く為の電車とバスで出会ったファッションショーとグッバイボーイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

ペルーのマチュピチュに行く為の電車とバスで出会ったファッションショーとグッバイボーイこんにちは、じゅんです。

ビスタドームでのファッションショー

ペルー マチュピチュ旅行記第3弾はマチュピチュ前後に乗る鉄道とバスを紹介します。

オリャンタイタンボという街からマチュピチュの麓であるアグアスカリエンテスを往復する電車『ビスタドーム』。

そして、アグアスカリエンテスからマチュピチュ入口までの移動で使うバスでもあるイベントが繰り広げられます。

さてそれは一体何でしょうか?

電車の中で開催されるファッションショー

マチュピチュに行く為にはアグエスカリエンテスという街からバスで行く必要があります。

で、そのアグエスカリエンテスに行く為には『ビスタドーム』と呼ばれる電車に乗っていきます。

ビスタドーム

上の写真の左側の濃い青の電車が『ビスタドーム』、これに乗ってアグエスカリエンテスにいざ出発ヽ(^o^)丿

この電車、天井がガラス張りになっていてとっても開放的なんです(#^.^#)

ビスタドーム内部

私が利用した時は、実はアグエスカリエンテスに向かう時は特にイベントが無かったのですが、帰りにもう一度乗った際にあるイベントがいきなり始まったのです。

ファッションショーの怪しいおっさん

な、何もんだこいつは(・・?

と思ったら綺麗なお姉さんとカッコイイお兄さんがファッションショーを始めました。

ペルーで名産と言えばアルパカの毛織物。

特に『ベビーアルパカ』、つまりアルパカの子供の毛で編んだセーターはとっても軽くて暖かいんです。

ビスタドームでのファッションショー

この電車内でのファッションショーの目的は当然このモデルさんたちが着ている服を買ってもらうこと。

しかし、手前の怪しい人は結局何だったんだろう・・・(・・?

アグエスカリエンテスからマチュピチュへの入り口まではバスで移動します。

バスが通る道は発見した探検家の名前を取って『ハイラムビンガムロード』と名付けられています。

この時も行きはやっぱり特に何のイベントなくマチュピチュ入口に辿り着きました。

しかし、マチュピチュ見学が終わり、再びバスに乗り込みアグエスカリエンテスにあるホテルに向かうその途中で何やら気配が・・・(・・?

バスの外に何やら気配が・・・

バスの窓越しに撮った写真なので反射して見難いですが何やら不思議な物体が写ってます。

因みにこの写真を撮った瞬間は当然バスは動いています。

グッバイボーイ

実は少年がバスを追いかけて走ってたんです(゜o゜)

『ハイラムビンガムロード』がワインディングロードだからこそ出来る技、少年は途中で追いつきバスに乗り込んで来ました(^_^;

そしてもちろんチップをせがみます(^^ゞ

こういう時は気前良く渡しましょう(^_-)-☆

マチュピチュに行く時には避けて通れないこの二つのイベント、でもどっちも楽しい出来事なので是非体験して下さいね~ヽ(^o^)丿

連載はまだ続けたいな~、と思っているのですが、予告通り6月からはこのブログ不定期更新となる予定です。

なので、この続きに関しては期待せずにお待ちください<m(__)m>

もし宜しければフォローして下さい(^_-)-☆

facebook

twitter