シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用には投資信託の積み立てがお薦め – 中学生にも分かる金融工学入門番外編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

資産運用には投資信託の積み立てがお薦め – 中学生にも分かる金融工学入門番外編こんにちは、じゅんです。

コイン写真

2回に渡り当ブログで2015年3月28日(土)受けたセミナー『嬉しい土曜日開催♪ 大江英樹先生の「中学生でもわかる金融工学」♪「面白いにもホドがある!ー 大江先生セミナー」【ハピゴン主催】』を紹介しました。

先物とかオプションとかスワップってよく聞くけど何? – 中学生にも分かる金融工学入門

資産運用するならリスクをきちんと理解してから始めよう – 中学生にも分かる金融工学入門

本日はこのセミナーで習ったことではなくて、私の資産運用についてちょこっとだけお話ししたいと思います。

ドル・コスト平均法が最も安全な資産運用法

『中学生にも分かる金融工学入門』ブログ第1弾でちらっとこんなこと書きました。

投資信託は2008年7月に私自身最初のものを始めているのですが、実はこの数カ月後にあの『リーマン・ショック』が起こった訳です。

なので、始めた直後は超赤字で一時は泣きそうなくらいでしたが(?)このやり方は正しいと信じて投資し続けている結果、今では投資金額に対して凡そ+17%の利益を得られている訳です。

でも、一番始めの取得単価に対して私の購入した商品は未だ-16%までしか復帰していないのに逆に利益を得られている訳です。

こんなことをさらっと書きましたが、これって凄いと思いませんか?

普通に投資信託を買うだけだったら、購入金額に対して16%の損失だったのに、積み立てることによって+17%の利益を得ることが出来ている訳です。

これは『ドル・コスト平均法』という方法で実は投資としては最も信頼のおけるスマートな投資方法なのです。

自分で計算してみればこの方法が如何に優れた安全安心な投資方法なのか分かると思いますので、是非自分で計算して実感してみて下さい。

投信積立で資産形成をはじめよう

投資信託を購入する時に、どんな商品を購入すれば良いのか?

私がお薦めするのはこんなものです。

  • 買い付け手数料が無料

こういう余分なお金はかからない方が良いのは当たり前。

  • 信託報酬は年1%以下

これは証券会社が受け取る報酬額、やはりできるだけ少ない方が良いです。

  • 分配金の無い商品

分配金を受け取るタイプだと複利効果が得られません。

これは迷いなく分配金受け取りの無いタイプの商品を選ぶべきです。

リスクの高い商品を選ぶか、あまりリスクの無い商品を選ぶかは私自身はあまり重要だと思ってません。

よっぽど紙切れ同然になるようなリスクがない限りどれでも大丈夫だと思います。

寧ろボラティリティ(値動きの激しさ)が高い商品の方が『ドル・コスト平均法』の場合利益を多く得られます。

これはちょっと計算してもらえれば納得できると思います。

今からでも遅くは無いので、銀行に眠らせている貯金があるのなら賢い投資をした方が安全です。

皆さんもぜひ『ドル・コスト平均法』で安全・安心な投資をしてみて下さい。

もし宜しければフォローして下さい(^_-)-☆

facebook

twitter