シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Skype英会話で好きなトピックを選べるWeblio英会話のレッスンシステムで予習もバッチリ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

Skype英会話で好きなトピックを選べるWeblio英会話のレッスンシステムで予習もバッチリこんにちは、じゅんです。

OculusRift体験中

私が長年やり続けながら、なかなか身につかないものがあります。

これを読んでる方の中にも苦手にしてる人はいるのではないでしょうか?

そう、英語です。

水曜日は、私が普段やっている英語の勉強、こんなことを先週はしたよ、というのを紹介していきたいと思います。

Weblio 英会話

Weblio英会話の特徴は毎回のレッスン内容を自分で決められること。

フリートークでも良いし、HP内で紹介されているWebページを題材にしても良いし、Weblio指定の市販の教材でも構いません。

受講者の目的に沿ってレッスンを受けることが出来ます。

このやり方は正直私に会っている気がしています。

というのも、教科書が決まっているとついつい漫然と頭から順番にその場凌ぎで進めてしまうのですが、テーマを選ぶのに事前に予習が必然なのでSkypeレッスン中以外は勉強しない、という中途半端なことが強制的に無くなるからです。

で、今回私が選んだテーマはこれです。

Virtual Reality Games

お勧めのサイトとして紹介されている内の1つに『Teaching&Learning With Tne New York Times』があるのですが、その中から個人的に興味のあるテーマをチョイス。

寧ろ先生の方があまり興味なかったらどうしようとは思っていたのですが、それなりに楽しそうに話していたので良かったです(#^.^#)

このサイト、NY Timesの記事に所々クイズ形式で単語を穴埋めするという形式になっていて、個人的に読んでても楽しいです。

  • plausible: 妥当な、信頼できる
  • untenable: 支持できない
  • perspicuous: 明快な

この3択の中から最適な単語を選べ、という問題があったのですが、どれ1つとして知らない単語だったので、全ての単語知らん(もちろん英語ですよ(^_^;)、って言ったら懇切丁寧に全ての単語の意味を教えてくれました(もちろん英語ですよ(^_^;)

次回はどんなテーマにしようかな、楽しみですヽ(^o^)丿

シャドーイング

TEDICT – TEDで英語を習おう』と『TED Me』という2つのアプリを併用して、シャドーイング学習を続けています。

学習の仕方は当ブログでも以前紹介しました。

TEDICTとTED Meという2つのアプリでシャドーイング継続中

今題材にしているTED Speechはデブ・ロイという方の講演『初めて言えた時』。

これは私がこれからやりたいと思っていることに関して、フォトリーディングの仲間に話したところ、これ観ると良いよ、と推薦をしてくれたTEDです。

先週聞いたのは、05:37 – 6:06の辺り。

DR: He sure nailed it, didn’t he.

(Applause)

So he didn’t just learn water.

Over the course of the 24 months, the first two years that we really focused on, this is a map of every word he learned in chronological order.

And because we have full transcripts, we’ve identified each of the 503 words that he learned to produce by his second birthday.

He was an early talker.

大成功です

(拍手)

ウォーターだけではありません。

24ヶ月、つまり最初の2年間に絞って習得した言葉を年代順に並べました。

一字一句書き起こして、2歳になるまでに口にした全503語を確認しました。

息子は早い方です。

文頭にある”He sure nailed it, didn’t he.”なんですが、私には聴き取ることも、意味を推測することも全くできませんでした。

『大成功です。』という日本語訳を当てられてもいまいち納得できません。

まあ、これはこういうものなのだと納得して丸暗記するしかないんですかね(・・?

ただ、あまりこういう言葉にばかり囚われていたら学習が進まないので、こういうのは言えなくても良いし、誰かがそういう言葉を発したとしても、ニュアンス的にそういう意味かな?と思えば良しとする、というようにある程度妥協が必要かもしれませんね。

他に難しいと思った単語は”chronological”くらいでしょうか。

『年代』という意味、最近はゲームにこんなタイトルがあったような気がするので、それで覚えている人もいるかもしれませんね(^_^;

単語力強化

単語力が弱いので、この本を使って学習しています。

1週間の間毎日、2ページを繰り返すし学習することで記憶に定着するようにしています。

先週覚えた単語の主なものは

  • be entitled to do: …する権利がある
  • compensate A for B: Aが被ったBを補償する
  • so far: 現在までに、今までのところ
  • epidemic: (伝染病の)流行
  • intense: (感情・勢いなどが)激しい、強烈な
  • brief: 短時間の、献血な

と言ったところ。

なお、こちらのページ『DUO 3.0 例文全部』とスマホアプリの『Quizlet』を合わせて利用しています。

もし宜しければフォローして下さい(^_-)-☆

facebook

twitter