シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働きながらブログを書き、小説を書き、ランニングもする時間の捻出法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

働きながらブログを書き、小説を書き、ランニングもする時間の捻出法こんにちは、じゅんです。

ブログイラスト

仕事しながら、ブログも書いて、小説書いて、ランニングもして、他にもいろいろ何かしてて、どこにそんな時間があるの?と最近聞かれたので、私がどうやって時間を捻出してるか、皆さんがやりたいことに時間を割く為のヒントになればと思い、今日はその一部をお教えしたいと思います。

因みに普段の私は朝は少しゆっくり目で8時前に家を出て、帰りは水曜は7時30分頃帰宅、その他の日は早ければ8時頃、遅いと11時、12時といった感じでしょうか。

最近は9時前後に帰ってくることが多いです。

そんなにたくさん残業してる、って訳ではないと思いますが、潤沢にプライベートの時間がある訳でもない中、どのようにいろんなことをこなしているのか、暫く毎週金曜日は私なりの時間管理の技(そんな大仰なものでありませんが(^_^;)をご紹介しようと思います。

休日一番始めにやることはGoogleカレンダーで一週間の予定を立てること

仕事している方のほとんどは、スケジュールというものをきちんと組んで、日程を意識して働いておられると思います。

日程気にせずだらだら仕事している人っていないですよね?

それはどんな仕事にだって必要で、農業だったらこの時期に種を撒き、この時期に刈り入れ、とかって日単位での長期スケジュールから、今日は何時から何時までは草刈って、何時から何時までは道具の手入れして(すいません、あんまり農業のこと分かって無いのでどんなタスクがあるかの創造力が貧弱ですね(^_^;)といったように時間単位の短期スケジュールを組んで仕事に取り掛かる、といったことをしていると思います。

この『スケジュールを組んで、計画に沿って動く』というやり方を、仕事だけでなくプライベートでも実行するのです。

『休みの日までそんな計画立てて、そんな面倒くさいことやってられるか。』と思わるかもしれませんが、私の場合、そうでもしないとだらだらと無為な時間を過ごすことになりそうで、それでは将来悔いを残しそうな気がしています。

よく言われますが、『死ぬ間際に人が一番後悔することは何か?』という問いに対する答えは『あれをしたかったのに出来なかった。』ということ。

そう、人は何かをしてしまったことを後悔するよりも、しなかったことを後悔する生き物だということです。

だったら、むりくり計画立ててでも実行した方が将来悔いを残さない為にも良いのではないでしょうか?

今日は一週間の中期スケジュールから一日の短期スケジュールまで、私がどうやって立てているかを紹介します。

使用するのは以下の2つのツールのみ。

ジョルテはAndroidスマホ用のカレンダーアプリで、Googleカレンダーと同期を取ることが出来ます。

主な使い分けとしては、スケジュールを立てる時はPC上でGoogleカレンダーに予定を書き込んでいき、普段はジョルテで確認する、というようにしています。

最初に『就業時間』と『移動時間』をGoogleカレンダーに記入します。

就業時間はプライベートに使えない時間な訳ですから、そこに無理してプライベートな予定を入れてしまうと、残業した時に予定が狂ってしまいます。

なので、最大限残業を想定した時間を最初は入れてしまいましょう。

その後はやりたいことを皆さんの優先度の高いものから順に入れていけば良いと思います。

その時に、もし移動中に出来るようなことがあれば『移動時間』に重ねて記入しちゃいます。

例えば私の場合だと、家から駅まで歩いている間はずっと英語のシャドーイングをしていたり、電車に乗っている間に小説を書いていたりするので、『移動』の時間に平行して、『英語』と『小説』という項目を記入します。

その他私の場合だと『ランニング』だったり『ブログ』を書く時間だったりを埋めていきます。

それともう1つ大事なのが『SNS等』をやる時間もこの時間、というようにかっちり決めて、あまりだらだらやらないようにしています。

更にこの『スケジューリング』をする時間も入れておきましょう。

私は土曜の朝はランニングの後、この『スケジューリング』枠を1時間取っています。

で、残った時間は犬と遊んだり、読書したり、TV観たり、とだらだら過ごしても良い訳です。

そうすれば一番やりたいことの時間は確実に確保できます。

普段、自分はこういうことをやってみたいと思っているのだけど、時間が無くて、なんて言い訳している方は、まずこの『スケジューリング』から初めて見てはいかがでしょうか?

もし宜しければフォローして下さい(^_-)-☆

  • facebook
  • twitter