シェアする

東京マラソンの応援でお互いを見つけるには事前の準備が重要、選手の頑張る姿を応援してきました

シェアする

東京マラソンの応援でお互いを見つけるには事前の準備が重要、選手の頑張る姿を応援してきましたこんにちは、じゅんです。

東京マラソンランナー01

2015年2月22日(日)、第9回東京マラソンが開始されました。

私は東京マラソン第2回大会からずっと応募し続けているのですが、未だに当たったことが無く、今回も出場の夢は叶いませんでした。

しかし、仲間の多くが出場していたので沿道にて応援をしてきました。

全員の雄姿を見ることが出来、そして仲間全員が見事完走することが出来ました。

今日はマラソンの応援でどうしたら走ってる人も応援してる人もお互いを見つけやすくなるか、というのを今回の勝因から綴りたいと思います。

と言っても全部準備してくれた友達のお陰で、私は何もしてないんですけどね(^^ゞ

応援する者は目立つ格好をする、ランナーは見つけたら応援席側を走ってアピールする

このブログでも時々紹介させてもらっています私の所属する勝間塾内ランニングサークル『うな勝』。

メンバーが何人いるのか把握できていないのですが、Facebookのグループのメンバー数を見ると2015年2月22日現在で231人の登録がありました。

今この人数見て正直驚いてますが、これだけ人数がいると、何人かは幽霊部員だとしても、流石に東京マラソンの抽選に当選した人が何人か存在する訳です。

で、今回把握していたのは6名(内2名は私はお会いしたことない人でしたが)、事前にあまり意思疎通が出来ていなかった1名を覗いた5名の雄姿を見ることが出来ました。

私の知り合いの何人かは応援に行ったけど、結局走ってる姿を見ることが出来なかった、という人がたくさんいました。

しかし、我々のグループは元々示し合わせていた人たち全員に気付くことが出来た、それは何が違ったか?

これはもう、やっぱり事前に示し合せてたか示し合わせてなかったか、その違いだけだと思います。

我々のグループはこういった幟を用意して目立つ位置に陣取っていました。

うな勝幟

『これを持って35km以降近辺にいるよ』ということを事前に選手に知らせてあったので、走っている人はその辺りに差し掛かったらこの幟を見つければ良いだけ。

勿論個人的に家族を応援する、だとかいう場合はこのような幟を用意するなんてことは難しいかもしれません。

それでも、

  • 応援している人がどの辺りで応援しているか
  • どんな格好で応援しているか

ということを知らせておけばかなりの確率で見つけやすくなるのではないかと思います。

また、東京マラソンでは計測用のチップがのお陰で、個々の選手が今どの辺を走っているか、というのがある程度分かるようになっているので、応援している人はそれを見ながら(少し余裕は見た方が良いと思いますが)最初に示し合せた場所に行って応援すれば良い訳です。

選手が東京マラソンを完走した後お疲れ様会を開いたのですが、その時にランナーが応援する人を見て元気が湧いた、ということを言ってくれていたので、応援する側としても応援し甲斐があって良かったな~と思っています。

やはり何事も事前の準備は大事ですね。

皆さんも次に応援する時は、ちゃんと事前準備をしてから当日を迎えて下さい。

うな勝のメンバーみんな、感想おめでと~\(^o^)/

もし宜しければフォローして下さい(^_-)-☆

  • facebook
  • twitter