シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語のリスニングが苦手な人が使うべきアプリは、この2つで決まり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

英語のリスニングが苦手な人が使うべきアプリは、この2つで決まり!こんにちは、じゅんです。

Do you speak English?と書かれた黒板

あなたは英語のリスニング得意ですか?

私は苦手です。

英語の学習でリスニングを苦手してる人がやると効果があると言われている学習法があります。

それが『シャドーイング』と呼ばれる英語学習法です。

『シャドーイング』とは聞こえてきた音声を0.5秒遅れで発音するというのを繰り返すことにより、

聞こえてきた音と喋る音が一致して聴き取り力が向上する

という原理です。

今日はこの『シャドーイング』をする為に利用しているAndroidアプリを紹介したいと思います。

『シャドーイング』と言えば、タニケイさんの『英語耳を作るシャドーイング』シリーズがおすすめ

いきなり、リスニングに効果があるからと言って

『じゃあ、シャドーイングしてみて。』

と言われても、どうやって実践すれば良いのか分かりませんよね?

その指標を知る為にも、そしてそのやり方になれる為にも『シャドーイング』について解説したタニケイさんの本を手始めに読んでみるのがおすすめです。

私は『スティーブ・ジョブズ編』と『ローマの休日編』の2冊をやってみましたが、最初の実践は音声がはっきりと聴き取り易い『スティーブ・ジョブズ編』をおすすめします。

因みにこちらどちらもKindle本なので、スマホかタブレット或いはKindleが無いと読めませんので悪しからず。

『TEDICT』と『TED Me』、これら2つのアプリがシャドーイングに便利

さて、タニケイさんの本で『シャドーイング』のやり方を習得したら次は実践あるのみ。

教材は何でも、自分の好みで選べは良いと思います。

最近はTEDを教材に選ぶという人も多いと思います。

そこで選んだ教材が以下に示す2つのアンドロイドアプリです。

TED Me

TED Me

私があなたにおすすめする『TEDICT』と『TED Me』を使った英語学習法はこんな感じです。

①『TEDICT』を使って音声聞き取りチェックをする

『シャドーイング』を実践する題材をあなたの気に入ったものから選びましょう。

TEDICT』では、文章の塊ごとに区切られています。

その塊ごとに音声を聞き、聞こえた通りにキーボードで英文を打ちこんでいきます。

塊ごとに聞こえてきた文章を入力して正解できると、その塊がコンプリートされたという記録が残ります。

正解するまで何度でも聞き直せるので、最初の内は何度も何度も聴き直しながらやりましょう。

慣れてきたら一度のリスニングで、何言ったか全部一気に書けるくらいにしましょう。

『TEDICT』の画面イメージ

②『TED Me』で『シャドーイング』を繰り返す

続いては、①で選んだ題材と同じ題材を『TED Me』で探します。

案外簡単に見つけられると思います。

題材を選んだら、あとは繰り返し繰り返し、再生しながら『シャドーイング』を実践するだけ。

通勤通学中に歩きながら、電車の中でイヤホンしながら、とどのような形でも良いので聴きながらぶつぶつとシャドーイングを繰り返すようにしましょう。

『TED Me』画面イメージ

因みに私の場合は『TED Me』のABリピート機能を使って、5~6センテンスだけ、1週間同じ内容を繰り返し『シャドーイング』をするようにしています。

『シャドーイング』を手軽に試してみたい方にもこの2つのアプリ、気軽に導入できるので、試してみて下さい。