シェアする

『ストレングスファインダーを活用する』セミナー 自分の資質を理解することが大事

シェアする

『ストレングスファインダーを活用する』セミナー 自分の資質を理解することが大事こんにちは、じゅんです。

ストレングスキャリアコーチ永友敬子先生

1/10(土)、青山で開催されました『ストレングスファインダー®のレポートを活用する5つのポイント セミナー』に参加してきました。

一昨日のブログでは、『ストレングスファインダー』とは何ぞや?ということから説明させて頂きました。

『ストレングスファインダーのレポートを活用する5つのポイント』セミナーに参加してきました

今日は当日セミナーで学んできたことを要約してレポートしたいと思います。

ストレングスファインダーを活かすには、まず自分の資質について理解することが大事

今回私が受講したセミナーにある『5つのポイント』って一体何でしょうか?

それはリンク先の下の方『内容(予定)』というところにも書かれているのですが、以下の5つです。

①各資質を深く理解する
②自分の強みを実体験と結びつける
③強みの効果的な使い方ともったいない使い方を知る
④強みを掛け合わせて自分の才能を最大化する
⑤強みを活用して目標を達成する、なりたい自分になる

①で自分の強みを理解し、②③④で自分の意識に刷り込み、⑤で活用する、といった感じでしょうか。

順番に簡単に説明します。

①各資質を深く理解する

自分の上位5つの資質がどういう特徴を持っているか、良い点悪い点両方含めて先生が説明してくれます。

受講生の上位5つの資質を事前にお知らせしてあるので、『ストレングスファインダー』の結果から導き出される各受講生の傾向を分かり易く説明してもらいました。

ここのところは本を読んで分かるつもりになっていても、やはりストレングスキャリアコーチといった専門家に説明してもらえると、凄く分かり易く教えてもらえますし、またもしよく分からなければ質問することもできるので、やはりこういった場は貴重です。

②自分の強みを実体験と結びつける

過去の成功体験や楽しかったことを振り返ってみて、その時に自分の持つ資質がどのように活かされていたか考えてみる、ということをしました。

良い思い出の振り返りなので、考えること自体が楽しかったです。

で、そういった成功した時というのは各人あまり考えずにやっていることが多いと思うのですが、こうやって振り返ってみると、自分の持っている資質が活かされているんだな、ということが理解できます。

③強みの効果的な使い方ともったいない使い方を知る

ストレングスファインダー』で言うところの『資質』、実はこれは単なる『強み』だけではなくて、使い方によっては『弱点』になることもある、いわゆる『両刃の剣』と言えるものです。

例えば私の資質1位の『慎重さ』、上手く使えば障害を事前に予測し回避することが出来るのですが、悪い方向に現れると、慎重になり過ぎて行動に移せない、という欠点も併せ持っています。

私の場合はこれまでどちらかと言うとこの『慎重さ』に関しては悪い方向に出てしまっていたことの方が多かったな~、という感があります。

なので、例えば今後はこの『慎重さ』を活かして、『フォールトトレランス』『フェールセーフ』『フールプルーフ』(この辺の用語は分からなければぜひ調べてみて下さい(^_-)-☆)を常に考えて行動するようにする、といったことを心掛けるようにすれば良い、という風な考え方をするのが良いのかもしれません。

④強みを掛け合わせて自分の才能を最大化する

この項目は今回セミナーを受けてみて、最もなるほどと感銘を受けたところです。

やり方はぜひストレングスキャリアコーチに聞いてみて下さい。

⑤強みを活用して目標を達成する、なりたい自分になる

自分がこれからやること、やりたいこと、進むべきと思っている方向に対して、①~④で得た知識、考えを総動員して計画を建てます。

そして、計画を建てたら後は目標に向かって突き進むのみ。

今回この『ストレングスファインダー®のレポートを活用する5つのポイント セミナー』、受けてみて本当に良かったと思っています。

何と言っても、今までいまいち活用できていなかった自分の資質を今後活かせていける、そんな自信が湧いてきました。

何せそれぞれの資質は間違った使い方をすれば悪い方向に出てしまう事もある訳ですから、自分の資質とそれらの効果的な活かし方を知っておくことはとても重要です。

皆さんも是非、『ストレングスファインダー』受けて、自分の資質を知り、活かしていって下さい。