シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ストレングスファインダーのレポートを活用する5つのポイント』セミナーに参加してきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

『ストレングスファインダーのレポートを活用する5つのポイント』セミナーに参加してきましたこんにちは、じゅんです。

ストレングスキャリアコーチ永友敬子先生

1/10(土)、青山で開催されました『ストレングスファインダー®のレポートを活用する5つのポイント セミナー』に参加してきました。

セミナー参加メンバーは3名、とても内容の濃い、為になる3時間を過ごすことが出来ました。

今日はこのセミナーのレポートをしたいと思います。

自分の強みを活かすには自分の強みを知ることが大事

そもそも『ストレングスファインダー』って何?という方も多いと思われますので、まずはそちらの説明から始めたいと思います。

ストレングスファインダー』とは、Gallup社が開発した各人が持つ『強みの指標』で、34個に分類されたその指標を順位付けをすることによって一人ひとりの才能を知る為のツールのことを言います。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』という書籍に纏まっていますので、ぜひ読んでみて下さい。

34の資質はそれぞれ4つの大項目に分類されます。

  • 実行力の資質 – 達成欲、アレンジ、信念、公平性、慎重さ、規律性、目標志向、責任感、回復思考
  • 影響力の資質 – 活発性、指令性、コミュニケーション、競争性、最上志向、自己確信、自我、社交性
  • 人間関係構築力の資質 – 適応性、運命思考、成長促進、共感性、調和性、包含、個別化、ポジティブ、親密性
  • 戦略的思考力の資質 – 分析思考、原点思考、未来志向、着想、収集心、内省、学習欲、戦略性

人は誰でもがここに挙げた34の資質のいくつかを得意とし、いくつかを苦手としています。

つまり、全てに於いて秀でている人などいなくて、逆に全て苦手としている人もいません。

じゃあ自分はどの資質が強くて、どの資質が弱いんだろうというのを知りたい場合はどうすれば良いか?

これは関連書籍を購入して、そこに書かれたコードを使って、Gallup社のHPで質問にガンガン答えていくと、自分の強み上位5つを知ることが出来ます。

34の資質全部の順位を知りたければ、$89の追加料金で知ることが出来ます。

ここで1つ注意点があります。

ストレングスファインダーを受ける際には本に書かれたコードが必要になるのですが、そのコードは世の中に1つしか存在しないのです。

で、基本的に1人1回しか受けられないことになっています。

つまり、同じコードの使い回しが出来ません。

なので、古本を購入した場合は受けられない可能性が高いので、気をつけて下さい。

コードがゲットできる書籍は以下の通りです。

どの本でも良いですが、初めて手に取る本は『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』をお薦めします。

これには34の資質がどういうものかという基本的なことが書かれています。

私は以前に『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』を読み、『ストレングスファインダー』を受け、更には34の資質全ての順位を知りました。

しかし、いまいちどう使ったら良いのかが分からず、そのまま放置という状態になっていました。

本を読めばそれぞれの性質がどうなのか、何となくは分かるのですが、どう使ったら良いのかが1人で考えていてもいまいち捉え所がない。

そんな折、ストレングスキャリアコーチという資格を持つ永友敬子さんという方が個別にアドバイスをしてくれるセミナーを開くということで、参加させてもらってきた訳です。

今回の参加者は3名、『ストレングスファインダー』によって導き出された自分の強みを、今後どのように活かしていったら良いかをアドバイスしてもらってきました。

それぞれの資質をどのように見れば良いかという応用の効く形で教えてもらうことが出来ました。

セミナーの様子はまた明後日レポートしたいと思います。