シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『クリスマス・オン・アイス』第2部はクリスマスソングとサプライズがあった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

『クリスマス・オン・アイス』第2部はクリスマスソングとサプライズがあったこんにちは、じゅんです。

クリスマス・オン・アイス花高橋&織田

新年の目標設定等で暫く間が開いてしまいましたが、『クリスマス・オン・アイス』の第2部をレポートします。

これまでの記事は以下をご参照下さい。

新横浜スケートセンターでアイススケートショー『クリスマス・オン・アイス』を観てきました

新横浜スケートセンター『クリスマス・オン・アイス』前に三元豚まんを食べてみた

『クリスマス・オン・アイス』世界のメダリストの美しき競演を観て来ました

『クリスマス・オン・アイス』一流スケーターが順番にエキシビを披露した第1部

第2部はクリスマスソングのオンパレード

第2部はクリス・ハートが生で歌うクリスマス・ソングに合わせて各スケーターが踊るというシーンが数多く観られました。

まず最初はそのクリス・ハートの歌声と共に高橋大輔が登場。

滑り終わるとクリス・ハート高橋大輔の掛け合い漫才(?)のようなトークが始まりました。

最初は高橋大輔の声をクリス・ペプラーの声で被せるという演出もあり、会場の笑いを誘っていました(^。^)

このトーク、毎回違ったらしいので、どこかでこのトークを集めたものを披露してほしいですね!(^^)!

その後はブライアン・ジュベール鈴木明子クリストファー・ベルントソンが順番に登場。

そして、その後にサプライズが待っていました。

と言っても、3階席の一番リンクから離れた位置にいた私にはそのサプライズに気付くことが出来ませんでした。

クリス・ペプラーの場内放送もいまいち聞き取りにくくて何を言っているのかよく分からなかったというのもあり、次に滑ったペアがサプライズゲストだったということにも気付かず、私はずっとペアの2人ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェだとばかり思っていました。

そのサプライズゲストの存在を知ったのは、実は次の日、妻がネットでそのことを知ったのが初めてだったという残念な結果となってしまいました(^_^;

で、そのサプライズゲストとは、ニコライ・モロゾフと彼の娘アナベル・モロゾフだったらしいのです。

サンタさんを待つ女の子とサンタさんを演じるニコライ・モロゾフ、父娘の演技は誰が滑っていたのか分からなかった私でも、可愛らしい演技で楽しい気分になれました。

続いて織田くん登場。

織田くんらしいプリティー(?)な演技で会場を沸かせてくれました。

一番織田くんらしかったのは、滑り終えてリンクを去るシーンで、真央ちゃんが『Smile』で魅せた”『考える人』のようなポーズで片足を水平に上げて滑りながら首を揺らすシーン”を真似して帰って行ったところでしょうか(^_^;

さすが織田くん、つぼを心得てます(^。^)

その後もクリスマスの名曲に乗せて、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェクリストファー・ベルントソン、チン・パン&ジャン・トン、デニス・テンが順に登場。

その後はいよいよお待ちかね、クリス・ハートの歌う山下達郎のクリスマス・イブに合わせ、真央ちゃん登場。

途中から高橋大輔が加わり、2人のコラボレーションが始まりました。

2人の滑りは、これが本当にシングルスケータ同士の滑りなのかと思わせるほど息が合っていて、観るものを魅了してくれました。

途中で高橋大輔真央ちゃんをお姫様抱っこするようなリフトを見せ、会場を沸かせてくれました。

いつまでも観ていたい、そんな2人の競演でしたね(^。^)

そして、いよいよ大団円。

クリスの歌声と共に全てのスケータがクリスマスツリーを中心に集合。

最後はジョン・レノンのHappy Xmasで楽しかったショーもこれにて終了と相成りました。

楽しい一時を過ごせました。

やはりこういったものをTVを通じてはなく、ライブで観るというのも良いものですね。

また次の機会があったら是非観に行きたいと思いました。