シェアする

新年明けましておめでとうございます、そして2015年の目標を更に掲げてみる

シェアする

新年明けましておめでとうございます、そして2015年の目標を更に掲げてみるこんにちは、じゅんです。

豪華な鏡餅

新年早々天気が荒れているようですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

全国的な大雪で、普段あまり雪の降らない私の住んでいる地域でもかなり降りました。

初詣に行こうかと思っていたのですが、1月1日は断念し、明日以降かなと考えています。

2015年のエンジニア、英語等の目標を書き出してみる

昨日は小説執筆、ブログ、マラソンについての新年の抱負を書かせて頂きました。

新年明けましておめでとうございます、そして2015年の目標を掲げてみる

因みにブログの月間PV数は、12月は何とか8300PV強のアクセスを頂き、ブログ開設以来8ヶ月連続でPV数アップを達成できました。

ありがとうございます。

今日は、昨日書ききれなかったので、今日は2015年の抱負第2弾を書いていきたいと思います。

新しい機能のビデオカメラを作ってみたい

エンジニアイラスト

実はこんなブログを書いていますが、私は普段エンジニアをしています。

これまではCD-R/RWドライブに始まり、DVD PlayerBD RecorderWearable端末といった物を担当してきました。

2015年1月からは今まで私自身経験のない新しい分野に挑戦することになります。

但し、一会社人として、コンプライアンスの問題にも関わってくるのでここにはそのことに関してはあまり詳しくかけないので、このブログでは取り上げません。

で、それ以外で何をしたいかというと、『自分でオリジナルのガジェットを作ってみたい』です。

まだ詳しいことは書けないのですが、ビデオカメラの新しい形を示したいと考えています。

と言っても、正直技術的には大したことないもので、寧ろ『アイデア製品』と言った方が正確かもしれません。

それでも、結構需要があるんじゃないかと考えています。

まずはRaspberry Piを利用して、プロトタイプを作りたいと思います。

実はその為に、このブログにかける時間を少し減らして、そちらの作成に時間を割けるよう時間調整をしています。

やはり何かを新しく始める為には、これまでかけていた時間を削らなくてはいけません。

それでランニングの記録や読書記録等執筆にあまり時間のかからない日を設けるようにしたわけです。

時間調整というのはきちんと考えないと、全てが中途半端になってしまうので、ここはきちんと考えた方が良いですね。

プロトタイプが出来た時点で、共同製作者を募って、事業化への道がないかとか、改めて周りにアドバイスを貰いながら進められたらなあと考えています。

但しまだきちんとスケジューリング出来ていないので、少し作り始めて感覚が掴めてきたら計画を立てたいと思います。

英語にもう少し本腰を入れたい

英語ペーパー

英語学習、これまでずっと続けてきているのに、私が最も苦手にしているものの1つです。

これまであまりTOEIC等試験は積極的に受けてこなかったのですが、今年は自分の立ち位置をちゃんと知る為に、物差し的な指標を導入しようかと考えています。

で、2ヶ月ごとに下記のどちらかをやろうかと考えています。

CASEC

英検が開発したPCで受験できるシステムです。

英語のコミュニケーション能力を測るもので、これを1月と7月に自宅で受けてみようかと考えています。

まずこれで自分の実力を測って、今後の学習に活かしていければ良いかなと考えています。

この雑誌は隔月刊なので、私の今回の目的には丁度良さそうです。

巻末にTOEIC1回分の問題+CDが付いているので、自宅でTOEIC1回分のお試しが出来る訳です。

TOEIC試験自体結構頻繁に行われているので、もちろんそちらを受けても良いのですが、自宅でやれるなら気軽ですし、取り敢えずはこれを3月、5月、9月、11月に受けてみたいと思います。

英語学習自体はこれまで通り、QQ EnglishのSkype英会話を週1ペースとDUO 3.0での単語学習、シャドーイングを続けていきたいと思います。

読書は年間100冊くらい読めれば良いかな

読書写真

特に自分にノルマを課しているわけではないのですが、インプットも大事なので、読書は小説、ビジネス書合わせて年間100冊くらいできれば良いかなと考えています。

読んだら全てブクログで記録を録っているので、何冊読んだかは常に把握出来ています。

juuuun72さんの2014年のグラフ

2013年、2014年共に95冊(総合計から映画の記録分を引いてます)なので、まずまずこの2年間は自分なりに満足したインプットが出来ているのではないかと思います。

まとめ

という訳で、2日間に渡り私なりの2015年の目標を書かせて頂きました。

ゴールがきちんと見えていない目標もいくつかありますし、目標自体まだまだブラッシュアップすべきものがいくつかありますが、やはりまずは『走り出してみる』ことが私は重要だと考えています。

もちろん走りっぱなしも良くなくて、軌道修正しながら最適化していくことが重要です。

年末に姉夫婦の家にお邪魔させて貰った時に、小学校3年生の甥が『自分がこの職業に付く為にはどういう道を辿れば良いか』というスケジュールを大学院まで既に考えて、今から何をすべきか考えて日々を過ごしていることにとても驚いたのですが、やはり若いうちからこういう計画を立てることに慣れておくことはとても重要です。

『一年の計は元旦にあり』とも言いますし、是非皆さんも会社が始まるまでに今年の計画を立ててみませんか?