シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術 – プレゼンは準備と慣れが大事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術 – プレゼンは準備と慣れが大事こんにちは、じゅんです。

稼ぐ話力マインドマップ

久々に書評です。

今日は勝間和代 (@kazuyo_k)さんの最新刊『稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術』を紹介したいと思います。

話しが伝わらないのは相手の立場に立って論理を組み立てていないから

この本ではまず最初に、伝わる話しをする為に、なぜ普段のプレゼンで話しが伝わらないか、を分析しています。

その理由として以下のようなことを挙げています。

  • 話し過ぎ
  • 非論理的
  • 相手の立場に立っていない

プレゼンで一番いけないのは『自分がやったことを全部話そうとすること』。

本来は『相手に伝えたいこと』に絞って話しをするべきで、話し過ぎると情報密度が薄くなってしまい、聞いている人は何が重要なのか分からなくなってしまいます。

『聞き手が何を知りたいか』、『聞き手からどんな返事をもらいたいか』というように『誰に』『どのような』反応をしてもらいたいかということを考えて、論を組み立てることが重要になります。

確かに、自分がしたことをアピールするのは成績考課の場で上司とすれば良い訳で、プレゼンの場は何らかの結果が欲しい訳ですから、『望む結果』が導き出せるように聞き手に伝えることが大切になってくる訳ですから、この『相手の立場に立』って論を組み立てるということは大事ですね。

それとこの本ではこの『相手』を明確に『誰』なのか、ターゲットを定めた方が論理が組み立てやすくなるので良い、と言っています。

話す順番は時系列じゃダメ

聞き手に理解してもらう為には話す順番も重要になってきます。

やったことをただ単純に時系列に並べただけでは、理解してもらうのは難しいです。

ビジネス書なんかを読む時に、いきなり本文を頭から順に読み始めるより、目次の内容を頭に入れて話しの構造を理解してから読む方が、そん本に対する理解力は高くなると思います。

プレゼンもそれと同じでまず最初に話しの全体像を示して、それから徐々に枝葉末節に話していく方が相手に理解してもらえます。

しかも、枝葉末節に行くのも『相手が聞きたい順番』を意識して、聞き手の最も知りたいことを前倒して話した方が相手の心に残り易いと言っています。

また限られた時間で話しをするには

  • 最も伝えたいこと
  • あまり知られていないが重要
  • 経験談や具体例

を意識して選んで話しをした方が、聴いている方は飽きずに聞けて、心に残るそうです。

特に『経験談』や『具体例』なんていうのは人間大好きらしくて、具体的な話しをされると俄然興味が湧いてくるものらしいので、伝えたい部分は意識してそういう話しを挟んだ方が良いということです。

その他、プレゼンにおける『非言語コミュニケーション』の使い方(『間』とか『アイコンタクト』とか『笑顔』etc…)といったことや、資料の作り方等具体的な話しも載っていて、プレゼンどうも上手くいかないんだよな~、という方はまずこの1冊を参考にしてみることをお薦めします。

私も今後はこの本を参考に論理を組み立て、堂々と自身を持ってプレゼンできるようにしていきたいと思います。