シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

剣道のルールを知って国技を楽しもう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

剣道のルールを知って国技を楽しもう!こんにちは、じゅんです。

剣道って意外と経験者が多くて、私が過去知り合った人にそれとなく聞いてみると数人に1人は剣道習ったことある、という人がいるんですよね。

以前の職場で、一緒に働いていたチームの中に男が私を含めて4人いたのですが、その内の3人が剣道経験者だったということがありました。

という訳で(?)、今日は日本人なら日本の国技である剣道のルールを覚えよう!というお話しを書きたいと思います。

剣道の基本は心技体が1つになること

剣道の試合は大体の場合において2本勝負で、先に2本有効打を打った方が勝ちになります。

技は面、小手、胴、突きの4種類、それらがいわゆるクリーンヒットし、審判が有効打と判断したら旗を上げる、それが3人中2人以上だったら1本と認められる訳です。

反則は2つすると相手の1本になります。

反則の種類には枠の外に出たり、竹刀を落したりする等があります。

これだけ覚えれば見る分には剣道を楽しめると思います。

やる分にはもちろんこれだけ覚えたところで勝負にならないと思いますが(^_^;

日本人なのにこれまであまり国技に触れたことが無い、竹刀を持ったこともない、という方もたまには剣道に触れてみてはいかがでしょうか?

こんな雑誌もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする