シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文化の日は毎年恒例全日本剣道選手権大会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

文化の日は毎年恒例全日本剣道選手権大会こんにちは、じゅんです。

本日はまさかの(?)剣道ネタです(^_^;

実は私は学生時代、剣道をやっておりました。

卒業以来竹刀にも全く触っていないので、もう今からやれと言われてもかなり厳しいです(-_-メ)

今年の優勝者は何と43年振りの学生王者

とは言え、剣道部の仲間で集まると、私以外の人は結構社会人になっても続けてやっている人が多く、必然的に剣道の話しで盛り上がります。

昨日のこのブログで紹介したお店『京町恋しぐれ 新宿』にはそんな剣道部仲間で集まった訳です。

となるとやはり剣道の話しで盛り上がった訳です(^_^;

まあ、私もやらなくなったというだけで、別に嫌いになった訳ではないので、試合があれば見ることもたまにはする訳です。

で、11月と言えば文化の日、文化の日と言えば毎年恒例の『全日本剣道選手権大会』ということで、私もレコーダーに録画してきっちり準決勝以降を観戦しました。

因みにこの日はリアルタイムでは『湘南国際マラソン』を走っていたので、あくまで録画視聴です(^_^;

マラソンの様子はこちらです。

湘南国際マラソン 目標は達成できなかったけどすごく良い大会でした

この『全日本剣道選手権大会』、これまでは30歳前後の選手が優勝することが多かったのですが、今年の決勝戦は21歳の筑波大生である竹ノ内選手と24歳の國友選手の対決となりました。

大会には6段や7段という選手がゴロゴロいる中、この2人は共に4段。

私個人的には國友選手の剣道の方が背筋がピンと伸び、竹刀の先が中心を外れない、基本に忠実な美しい剣道をしていたので、そちらを応援していたのですが、今回は竹ノ内選手の若さがそれを上回ったようです。

という訳で、たまにはこういった日本の伝統的な武道を楽しんでみてはいかがでしょうか?