シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南国際マラソン 足がつりそうになり大失速、終盤8kmはほぼ歩いてのゴール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

湘南国際マラソン 足がつりそうになり大失速、終盤8kmはほぼ歩いてのゴールこんにちは、じゅんです。

湘南国際マラソン大空にフラッグ

長かった『湘南国際マラソン』のレースもいよいよ終盤、残すところあと12km程となりました。

この頃には背中や腰の痛みは更に増し、足の疲労も段々増してきました。

右足ふくらはぎがつりそうになり、途中からほぼ歩くことに

昨日のこのブログでも書きましたが、30kmまでは何とかサブ4を達成できるペースを維持してきました。

30km通過時点で私がはめていたGPSウォッチでの計測時間は2時間45分、まさに5分30秒のペースでした。

因みに5分30秒フラットで最後まで行ければ3時間52分でゴールできるペースです。

しかし、30km過ぎてから暫くして遂に足が限界に達してしまいました。

右足を前に一歩踏み出した時、嫌な感触が。。。

足がつる、というところまではいかなかったのですが、足がつりそうになったのです(運動される方なら何となくこの感触分かりますよね?)

これ以上今までと同じように走り続けたら確実に足つるだろうな、という感じに陥ってしまいました。

湘南国際マラソン35km地点

この35km地点に到達する頃にはもうほとんど走れない状態に。

ただゴールには辿り着きたいという一心で、走れない足を引き摺って歩き続けました。

それでも何とか時々はのろのろペースで断続的に走り続けました。

湘南国際マラソン第2折り返し地点

一旦ゴールである大磯プリンスホテルを通り過ぎ、二宮の第2折り返し地点に辿り着いた時には既にスタートから4時間近くになっており、ここからペースを上げても4時間切りは不可能な時間になっていました。

ここからは残り約2.6k、いよいよゴールが見えてくる距離です。

湘南国際マラソン40km地点

いよいよ40kmの表示が見えたところでペースを上げて、といきたいところなのですが、もうそんな余力が全く残っていませんでした。

何とか立ち止まらないようにすることに必死な状態でした。

湘南国際マラソン残り1km

そして最後の1kmの表示、それでもこの時の私にはその残り1kmが遠く感じました。

足が重かった。

湘南国際マラソンゴールゲート

大磯プリンスホテルの敷地に入る時の坂道で心折れそうにながらも何とかゴールゲートが見えてきました。

最後の最後くらいは気力を振り絞り、駆け足くらいにはスピードを上げて何とかゴールすることが出来ました。

DSC04521

結果はこの写真にある通りグロスタイム(スタートの号砲からゴールまでの時間)が4時間27分ちょっと、ネットタイム(スタートゲート通過からゴールまでの時間)が4時間16分10秒と目標にしていたネットタイム4時間切りには16分オーバーしてしまいました。

前回走った長野マラソンからも12分のオーバー、気候的に走り易かった長野に比べるとやはりこの日の暑さが堪えたようです。

走り終わった後はTシャツが塩分で真っ白、顔中かなりしょっぱくなってました(^_^;

残念ながら当初目標にしていたサブ4は達成できませんでしたが、運営、ボランティアがすごく組織立っており、ランナーにとってはとても走り易い環境を与えてくれた素晴らしい大会でした。

来年は記念すべき第10回大会ということで、どんな大会になるのか非常に楽しみです。

大会運営に携わった方々、ボランティアの皆さん、そして応援をして下さった方々、更に一緒に走られた皆さん、本当にありがとうございました。