シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読書会では他の人が読んだ本も読んだ気になる part2 – フォトリーディング復習会を開催しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

読書会では他の人が読んだ本も読んだ気になる part2 – フォトリーディング復習会を開催しましたこんにちは、じゅんです。

本日は昨日続きで私以外の参加者が選んだ本を紹介したいと思います。

他人が選んだ中に良いな、と思えるものがあれば儲けものと思う

今まで自分が知らなくて、他の参加者が選んできた本の中に、あ、これ面白そうだな、と思えるものが見つかれば、後で自分でも読んでみる、読書会ではこういった楽しみもあります。

Wさんが選んだ本がこの本。

Wさん、実名ここで書いちゃっても問題無さそうですが、本人に断ってないのでここでは伏せときますが、つい最近まであの神田昌典さんと一緒に働き、今月自身の会社を立ち上げるというビジネスの最前線で活躍されている方です。

グーグルがここまで成功した理由として『他とは違うやり方』を徹底しており、それは『人の採用方法』といった所にも現れている、というようなことを紹介して頂きました。

自分が会社を経営するようになったら(あるのか?)読んでみようかな。

Gさんが選んだのがこの本。

夢をかなえる時によく聞くのが『目標を紙に書いて目立つ所に貼る』というのがありますが、この本に書かれているのは、『秘伝ノート』を作り、そこに毎日『3つの願いこと』を10回ずつ書くんだそうです。

それを繰り返すことによって、潜在意識にその『目標』が刷り込まれ、いつしか願いがかなうようになると。

要は『諦めなければ夢はいつか叶う』というのを、如何にして夢を諦めないようにするか、というのを実践するためのテクニック、ということが出来るでしょう。

夢をかなえるためには根性論だけじゃなくて、以下に夢を叶える為の『仕組み』を作るか、ということが実はとても大事になってきます。

こういったことの1つの方法として、実践してみるのも良いのではないでしょうか。

私は実は『Evernote』に『目標』を書いて、定期的に見直す、ということを最近は実践してます。

この方法が成功すれば、いつかこのネタで本が書けるかもしれませんね!(^^)!

明日は最後の1冊を紹介して、終わりにしたいと思います。