シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EpsonのリスタブルGPSウォッチ『SF-510T』を装着してランニングしてみました – GPSを受信する時の注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

EpsonのリスタブルGPSウォッチ『SF-510T』を装着してランニングしてみました – GPSを受信する時の注意点こんにちは、じゅんです。

EpsonのリスタブルGPSウォッチ『SF-510T』の売りの一つに

準天頂衛星システム「みちびき」に対応

という特徴が挙げられます。

本日はこのGPSウォッチの特徴であるGPSを活かす為の注意点を挙げたいと思います。

最初のGPS測位時は高い建物の少ない場所でやりましょう

通常の時計モードから計測モードに移行する際、最初にGPSの測位から始まります。

また、初期設定の時にも時刻合わせが入るのですが、この時もGPS衛星から信号を受信して時刻合わせを行います。

その為、計測時、時刻合わせ時は出来るだけ

  • GPSが受信し易い場所に移動する

必要があります。

屋内だとGPSは全く受信できないので、時刻合わせ時は注意して下さい。

  • 時刻合わせは、外に出てGPS受信がし易い場所で改めて行う

とした方が良いです。

それを行うには

  1. 左上ボタン長押し
  2. 右側の上下のボタンでカーソルを移動して、カーソルを『システム設定』に合わせる
  3. 左下ボタンを押す
  4. 右側の上下のボタンでカーソルを移動して、カーソルを『時刻合わせ』に合わせる
  5. 左下ボタンを押す

とすれば再び時刻合わせをしてくれます。

『GPSを受信し易い場所』ですが、なるべく周りに高い建物の無い場所が理想です。

私の場合、15階建てのマンションに住んでおり、外に出たところですと、同じ15階建てのビル3つに囲まれた状態になります。

その為、マンションを出たばかりの所ですと、GPS受信しにくいです。

綾瀬スポーツ公園ラン

なので、一度敷地から出て、周りが民家が連なる場所まで移動します。

私の場合は踏切がすぐそばにあるので、そこまで行くと比較的背の低い建物が多い為、そこでGPS受信を開始するようにしています。

マンション敷地内でGPS受信を試みると、受信完了までに1分以上かかってしまうのですが、敷地の外に出てGPS受信を行うと、ものの10秒程度で完了します。

走る前にこういう機器の操作で煩わされると気持ちが萎えてしまうこともありますので、出来るだけ工夫して効率良く行えるようにすることが肝要です。

これまでGPS受信に時間がかかるな~、と感じていた方はもう少し開けた場所でチャレンジしてみて下さい。