シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

C言語 ポインタが理解できない理由 – ポインタを勉強し直してみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

C言語 ポインタが理解できない理由 – ポインタを勉強し直してみましたこんにちは、じゅんです。

私はこれまで滅多にネット上で仕事関係の話しをしたことがありません。

なぜなら仕事の話しって『コンプライアンス』の問題が常に付きまとうじゃないですか。

なので、極力問題起こさない為にもFacebook等友達同士だけのメディアでも仕事の話しをすることないのですよ。

メカコン屋さんからドライバー屋さんに変わったら

ただ『コンプライアンス』に全く抵触しない内容であれば、たまには仕事関係の話しを書いても構わないだろうと思いまして、今回は本業エンジニアとして初めて『C言語』のことを書こうかと思います。

前置きが長くなりましたが、今回紹介する本は『C言語 ポインタが理解できない理由』です。

    1. プログラム
    2. メモリの使われ方
    3. 型とポインタ
    4. 配列とポインタ
    5. 文字列とポインタ
    6. mallocとポインタ
    7. 関数とポインタ
    8. 構造体とポインタ

実は最近、やんごとなき理由によりこれまでいわゆる『メカコン』屋をやっていたのが、『ドライバー』屋さんに仕事が変わりました。

『メカコン』屋というのは『メカ』を『コントロール』する人のことを言いまして、モーター回したり、ロボットの手足を動かしたり、いわゆる『メカ』と呼ばれる部分を制御する技術やさんのことを言います。

『ドライバー』屋さんというのは一般的にはデバイス(装置)を動かす為の橋渡しをするソフトウェアを作る技術やさんのことを言います。

ちょっとこの説明で理解できないよ、という方は周りのエンジニアさんに聞いてみると良いかもしれません。

なんせエンジニアと呼ばれる職種の人には説明するの大好きな人が多いですからね(^_^;

で、『メカコン』屋から『ドライバー』屋になった時に感じたことが、『ドライバー作成にはメカコンの時にはほとんど必要なかったポインタの知識がかなり要求される』ということでした。

ポインタの知識がちと足りないと感じ、改めて勉強し直してみることにしました。

それで、夏休みの間の多少時間のある今、自分の為にもまとめてみようと思い、ブログに書いている次第です。

プログラミング初心者の方にも分かり易いように書いていこうかと思うんで、ご参考にして頂けると幸いです。

では、明日からまとめを始めたいと思います。