シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022 – これから10年、活躍できる人の条件 目指せTED出演

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2022 – これから10年、活躍できる人の条件 目指せTED出演こんにちは、じゅんです。

2022_mindmap

皆さんは今日のタイトルにある『TED』ってご存知ですか?

価値のあるアイデアを世に広める為に設立された団体で、数多くの著名人がプレゼンを行っています。

過去にはジョブズやビル・ゲイツもプレゼンをしたことがあります。

TVでもNHKが厳選したテーマを『スーパープレゼンテーション』という番組で紹介しているので是非観てみて下さい。

TED出場を目指す生き方

唐突にTEDの話しを書いてしまいましたが、実は今紹介している本の中に『TED出演を目指せ』というようなことが書かれています。

    1. 先が見えない世の中って言うけれど、それは天気予報があるのに知らないようなもんだ
    2. 平成「ええじゃないか」が、なぜ必要か?
    3. 踊る中国 沈む日本
    4. 2024年、会社はなくなる!?
    5. イン・フォメーションから、エクス・フォーメーションへ
    6. 40代が、時代のはざまに架ける橋
    7. 2022年ー再びページを開くとき

今日は5章以降を紹介します。

5章のタイトルの意味は、インプットではなく、アウトプットを重視して動こう、ということをやっています。

要は本や新聞、ニュースから情報を得るだけではなく、私が今やっているようなブログを書いたり、FacebookやTwitterで発言したり、Youtubeに動画を投稿したりと、アウトプットを心掛けようと言ってます。

まあこれは至極当然な話しで、アウトプットしなければ社会貢献なんてできませんもんね。

で、その一つの目標として『TEDに出場して発表しよう』ということが書かれています。

この『TED』、お薦めのページだけでも見てもらえば分かると思いますが、そうそうたるメンバーが名を連ねています。

ビル・ゲイツだとか、コリン・パウエルだとか、ケリー・マクゴニガルだとかジェームス・キャメロンにダニエル・ピンクetc…

もちろんその中には入れればすごいですが、彼ら程のビッグネームでなくても出られる小規模な地方開催版TEDなんてのも時々開かれたりしています。

日本でも開かれたりしてるらしいので、そういうのを目指せ!と神田さんは言ってます。

もちろんそこに出場するにも何らかの実績を残さなければまず無理な訳ですが、目標としてまずはそこを目指すというのはありなのかなあと思います。