シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突破する力 – 猪瀬直樹 弱点を武器にする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

突破する力 – 猪瀬直樹 弱点を武器にするこんにちは、じゅんです。

突破する力-強みと弱みマインドマップ

本日は猪瀬さんの著書『突破する力』の第2章について書きたいと思います。

貯蓄よりも自分への投資が大切

『突破する力』の章立てをもう一度掲載したいと思います。

    1. 壁を打ち破るには”頭”を使え – 不安な時代を「図太く生きる」章
    2. 自分の最大の武器は、弱点の中にある – 「自分らしさ」を磨き込む章
    3. 成果につながる努力、無駄に終わる努力 – 人生を面白くする「本気の仕事力」の章
    4. 10人の知人より、1人の信頼できる味方 – 「本物の人間関係」を築く章
    5. いくら稼いだかなんて、二流の発想 – 「人生」と「仕事」の究極の目的の章

本日は第2章の「自分らしさ」を磨きこむ章を見ていきたいと思います。

いわゆる『逆転の発想』でしょうか、著者は自分の『弱み』だと思っていることを『強み』にしろ、と言っています。

自分がコンプレックスに思っていること、これをストロングポイントにすることによって壁を突破しろ、と言っています。

例えばお笑い芸人なんてのは自分が笑われることを強みとする、猪瀬さんの言っていることの最大の実演者と言えるでしょう。

猪瀬さんは朝が弱いので、夜に執筆できる作家になった、と著書の中で書いていますが、こういった逆転の発想で人生を良い方向へ導こうと言っています。

私の天然は逆転の発想で何とかなるかな・・・?

その他で私に響いたのは若いうちはお金を貯めるよりも自分に投資して自分磨きに励むべし、それが将来に繋がるんだ、と言う話し。

老後はどれくらい長く生きるかも分からないのに、いくら貯めておけば安心なんてのは分かりません。

だったら自分の能力を高めておいていつでも困らないようにしておく方が絶対良いと、私もこの言葉には賛成です。

その他いくつか抜粋すると

    • 言いたいことを言う
    • セカンドベストよりベストを考える
    • 同調行動の打開
    • ハングリーになる

人生においてこの章の考え方と言うのは大事になってくるんじゃないかなと思います。

明日は第3章『人生を面白くする「本気の仕事力」の章』について説明したいと思います。