シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白ゆき姫殺人事件 – 湊かなえ、週刊誌の記事を鵜呑みにするのは危険

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

白ゆき姫殺人事件 – 湊かなえ、週刊誌の記事を鵜呑みにするのは危険こんにちは、じゅんです。

この小説でTwitterと共に資料として重要な要素の一つになっているのが『週刊誌の記事』です。

ろくに取材もせずに犯人扱いした記事は現実の週刊誌も同じなのか?

本作品上Twitterでは”RED_STAR”というハンドルネームで無責任な投稿をしていた男が、週刊誌では『無記名』で記事を書いています。

この記者の行動を見ると、関係者への取材はするのですが、記事として面白くなりそうなネタだけ拡大解釈する、インタビューで得た情報は特に検証しない、と言ったこれがプロのやる仕事なんだ、と疑いたくなるような仕事の仕方が描かれています。

池上明さんのような徹底してニュースを掘り下げ、視聴者に分かりやすく説明するべく最大限の努力をするような記者というのは少ないのでしょうか。

しかし、こういったいい加減な記事が冤罪を生むこともあることを考えると、この小説を読んで『あ~面白かった』で終わらせてよい内容ではないように思えます。

この作品でも一歩間違えば”城野美姫”は犯人に仕立て上げられ、無実の罪に問われていた可能性だってある訳です。

思い起こせば『松本サリン事件』の河野さんや香川坂出殺害事件での被害者の内縁の夫である山下さん等、マスコミの仕打ちって酷いな、と思わせる出来事がこれまでもたくさんありました。

この作品でマスコミの怖さを知って、これからは決して鵜呑みにしない、ということを皆が知るべきですね。