シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白ゆき姫殺人事件 – 湊かなえ、Twitter匿名で無責任な会話が繰り広げられる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

白ゆき姫殺人事件 – 湊かなえ、Twitter匿名で無責任な会話が繰り広げられる

こんにちは、じゅんです。

湊かなえさんの小説『白ゆき姫殺人事件』、この作品の特徴としてTwitter画面を小説内に再現していることが挙げられます。

Twitterの匿名故に無責任な発言をする人もいる

始めにお断りしておくと、決してTwitterを否定している訳ではありません。

私もTwitterをやってますし、このブログが更新される度にTwitterに更新の案内を皆さんにお知らせしています。

もし宜しければフォローしてくれると嬉しいです

@JuuuunRunner

ただこのTwitter、私自身は経験したことありませんが、フォロワーの多い人なんかは『炎上』と呼ばれる経験をしたことがある人もいる訳で、匿名だからと言って言動には気をつけなければいけません。

TwitterはFacebookと違って、フォロワーの中には自分の見ず知らずの人もたくさん含まれています。

というか、そう言う人の方が多いです。

それだけに有名人とかでない限り、なかなか本名を名乗る人も少ないですし、ましてや顔写真を載せる人はほとんどいないでしょう。

逆にその匿名性が人のタガを外してしまう、なんてことがあるようで、普段優しい人がTwitter上だけではすごく強気な発言をしたりすることが多々あるようです。

140文字以内という短い文章でのやり取りなので、真意を伝えきれないこともあるのでしょう。

それを逆手に利用して、ストーリーの面白さを膨らませたのがこの作品と言えるのではないでしょうか。

特に”RED_STAR”とTwitter上では名乗っている週刊誌記者のリテラシーの低さが、世間の抱く事件の実像を歪めてしまい、それが事をややこしい方向へ向かわせてしまう、これは小説の中の出来事ですが、実際にこういうことが起きる可能性はゼロではありません。

ソーシャルメディアに起因する事件というのは実際最近よくニュースで聞くようにもなっています。

自分たちが被害者や加害者にならないよう気をつけましょう。

そして、楽しいソーシャルメディアライフを送りましょう。