シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインドマップはいろいろな用途に使える思考ツールです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

マインドマップはいろいろな用途に使える思考ツールですこんにちは、じゅんです。

昨日のこのブログで紹介したマインドマップ、ところでこれはどういう時に使えるものなのでしょうか?

マインドマップはこんな用途で使いこなせると大きな武器になる

マインドマップはどんな用途に使えるのでしょうか?

マインドマップを描く目的は、『自分の頭の中で考えていることの整理』です。

頭の中の整理なので、用途はビジネスでもプライベートでもどちらでも使えます。

ビジネス用途としては

  • プレゼン作成時の内容整理
  • 会議の議事録
  • スケジューリング時の内容整理
  • 経営方針の構築
  • etc…

プライベートであれば

  • 読書やセミナーの知識の整理
  • コミュニケーションの問題解決
  • 子供とのお話し作り
  • etc…

知的生産と言えるような用途であれば何にでも使える、と言えるでしょう。

因みにこの文章も、トニー・ブザン著『ザ・マインドマップ』の内容をマインドマップでまとめた資料を見ながら書いています。

皆さんもこの『マインドマップ』の使い方を覚えて、ぜひいろいろな用途に応用してみて下さい。