シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生初のトレイルランニングを鶴巻温泉-吾妻山-念仏山-高取山-聖峰-鶴巻温泉というコースで走ってきました その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

人生初のトレイルランニングを鶴巻温泉-吾妻山-念仏山-高取山-聖峰-鶴巻温泉というコースで走ってきました その2こんにちは、じゅんです。

5月10日土曜日、友達に誘ってもらい人生初のトレイルランニング、いわゆるトレランに参加してきました。

コースは『鶴巻温泉-吾妻山-念仏山-高取山-聖峰-鶴巻温泉』というコース。

トレイルランニング、走る為のコツをいくつか教えてもらいました

trailrunning_20140510_01

トレイルランニング、結構気軽な気持ちで参加しましたが、これまで慣れ親しんだ(?)平地での走行と大きく異なることが分かりました。

次の日はいつもとちょっと違う所がいい加減に(?)筋肉痛になってました(^_^;

主催者のふぉとりんに教えてもらったトレイルランニングをする時のコツを私自身の備忘録を兼ねてここに記したいと思います。

  • コース取りはジグザグに

斜面をまっすぐ走ろうとすると足を大きく上げる必要があります。

コースを斜めに走れば、その分距離は増えますが足にかかる負担は減らせるので、総合的に見て疲労が少なくなる、ということです。

  • もも上げで走る

ももを意識して走った方がふくらはぎへの負担が減ります。

これは言われてやってみたら、その場で効果を実感できました。

明らかに足腰への負担感が違うことが感じられました。

ふぉとりんが『トレランはマラソンの練習に良い、距離より質の練習になる』というようなことを言っているのですが、このもも上げ走行をすることは長距離走行時での足腰への負担軽減に良いのでは?と思いました。

ふぉとりん、合ってる?

  • 下りはスキップする感じで

バウンディング、と専門用語(?)では言うようです。

要は片足着地よりも両足着地の方が足腰への負担が少ない、ということです。

スキップの苦手な私にはなかなかに難しいテクニックでした。

これは要練習です。

他にも大きな段差の登り方や横の斜面を壁のように使う等々教えてもらいました。

なお、今回のトレランのタイム計測に役立ってくれたのが下の商品です。

主催者のふぉとりん始め、今回ご一緒させて頂いた皆さん、ありがとうございました(^。^)